大阪のエンジニアに求められる能力

大阪でエンジニアをするときには、オフィスで働くか工場で働くかの二択を迫られることとなる。大阪は関西一の大都市であって、経済の規模は非常に大きい。市の中心部には高層ビルが立ち並んでいて、IT関連企業が入っているオフィスビルも相当数に上る。そうした高層ビル内のオフィスで働く場合には、相応に高いプログラミングのスキルが必要になるわけだ。他の人にはできないような高度な処理が任せられる人材や、簡単な作業しかできなくても異常なスピードで仕事を終わらせられる人材しか立ち入ることができない世界である。各種スペシャリスト試験に合格できるような人材こそが求められている。一方で経験はあまり必要とされないケースも多い。最先端のIT関連企業は、平均年齢が20代であることも珍しくはない。長い経験が必要であると勘違いしないことが重要だ。

一方、大阪には工場で働くエンジニアの需要も高い。小規模な町工場は少し郊外にあることが多く、そうした場所での仕事なら今までの業務で培った経験も活かせる。長い経験に裏打ちされた確かな技術があれば、定年後でも仕事が見つけられることもある。町工場では、エンジニアの平均年齢が50代であることも珍しくはないのだ。このように、全くタイプの違う技術者が求められているという点で、東京とも少し違う特色がある。関西圏では、技術者は自分の能力や年齢に合わせて最適な仕事場を選択できる点が便利だ。町工場で働く場合は、職人的なスキルが求められやすい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です